エレコラ

Johnnyによる独断と偏見のエレカシコラム

THE ELEPHANT KASHIMASHI Ⅱ (日本語版)

エビバデ、お久しぶりです😁

エレファントカシマシファンのJohnnyです👍

 f:id:RAINBOW_Johnny:20180206140755j:image

疲労困憊にて冬眠してましたが、今日から少しづつですが、過去にエレファントカシマシファンアカウント、通称ジョニ垢Twitter(Johnny (@RAINBOW_miyaji) on Twitter)にて行っていた


超個人的なエレカシの全曲解説を、こちらのブログに纏めていきたいと想います。目的は2020年を目指して、少しずつ英語翻訳していき、海外の方がエレファントカシマシを聴く足掛かりになればという野望です。またロンドンオリンピックの開会式でPaul McCartneyがHey Judeを歌ったように、閉会式でThe Whoがメドレーを披露したように、東京オリンピックエレファントカシマシがパフォーマンスして欲しいという、これまた完全に個人的な想いからです。

 

ファーストアルバムは過去に纏めておりますのでコチラへ

→日本版:THE ELEPHANT KASHIMASHI (日本版) - エレコラ

→英語版:"THE ELEPHANT KASHIMASHI" 1st album introduction in English - エレコラ

 

 

エビバデ各位、またまた宜しくお願い致します🙇‍♂️ 

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20180206090009j:image

優しい川

優しい川

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20180206140845j:image

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20180206140901j:image

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20180206140908j:image

土手

土手

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20180206090021j:image

※補足

f:id:RAINBOW_Johnny:20180206214237j:image

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20180206090032j:image

※補足: 30th ANNIVERSARY TOURで唯一ファイナルの富山にて披露された。

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20180206090123j:image

※補足

f:id:RAINBOW_Johnny:20180206215607j:image

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20180206090133j:image

※補足f:id:RAINBOW_Johnny:20180206214304j:image

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20180206090142j:image

自宅にて

自宅にて

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20180206090200j:image

待つ男

待つ男

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20180206090211j:image



f:id:RAINBOW_Johnny:20180206090223j:image

ふわふわ

ふわふわ

 

 

 ※文字数の関係で当企画は敬称略させて頂いてます。

 

 

 

【改めて聴いてディスクレビュー😁】

 

 この2nd Albumの楽曲解説を行ってから半年以上経っていた。新曲リリースや紅白出場、新春ライブを経て、また改めて本日『THE ELEPHANT KASHIMASHI Ⅱ』を聴いてみた。

 

やっぱり、やっぱり、何度聴いても、…凄い。…ありえないしか出てこない。何なんだこのアルバムは。やはり唯一無二。このエレファントカシマシから"今"のエレファントカシマシを、誰が想像出来ただろうか。誰も出来ないのである。"若いから"というだけでは、決して片付けられない、熱量と怒りと、そして1stにはない、何か刹那的なモノを感じる。燃え尽きる前の星なのか、はたまた、今にも大気圏に突入してきそうな彗星なのかは解らない。がしかし、非常に瞬間的な光を今も放っている。そんな音源は、他のバンドではまず聴けない。未だこの盤と、同バンドの1stと4ndでしか聴いたことがない。

 

エレファントカシマシは丸くなった」などと言われることが増えてきた。いや、それは大いに結構。結構なのだ。万人に受け入れられてる証拠なのである。

 

でも、ファンとしては「へいへい、馬鹿を言うなよ、然うは問屋が卸さないですぜ?」(ミヤジ先生風で) と言いたい。丸くなんかなってない、丸くなんかなってないのだ。この1st・2ndの時の炎は、過去より、今もっともっと燃えたぎっている。ただその場その場で必要な【引き出しの出し入れ】が出来るようになっただけなのである。燃えて、燃え尽きることがないように、冷静に閉じたり、或いはあからさまにドーンと開いたり…。

 

その、引き出しを開られるのも怖い(正にパンドラの箱。好奇心で開けたら災いが…しかし急いで閉めたお陰で希望も残る) が、このころのエレファントカシマシはまだ居る。そして、今この時期の楽曲群を唄っても、全く衰え知らずの光なのである。衰えるどころか、進化しているのだ。その進化は、2017年、日比谷野外音楽堂での"待つ男"で証明されただろう。

 

誰も太刀打ちできない、パワーとパフォーマンスは今尚、健在。

 

改めて、2ndの眩耀な楽曲達を、"今のエレファントカシマシ"でまた演奏して欲しいと想う。聴けば、聴くほど、言葉の選択や、歌い回し…日本のロックそのものである。

 

 

 

 

 

 

P.S.

エレファントカシマシに【おはよう こんにちわ】を世界の音楽フェスで"日本語"でパフォーマンスして欲しいと願ってる。

一回でいいから…一回でいいから(笑)

そん時はフェスと海外苦手なオレも見に行くぜ‼️(笑)エレカシ周辺は、X JAPANみたいに海外のコネクション無いのかな😭

 

 

 

 

Johnny

 

 

 

第68回 NHK紅白歌合戦 エレカシ初出場 本日です‼️

 

エブリバデーーーイ‼️やばい、今日だよ…ついに、この日がやって来ました。エレファントカシマシ初出場…年末家庭内最強行事NHK紅白歌合戦…ですよ‼️

 

お早う御座います。エレファントカシマシファンのJohnnyです😁皆様、どんな年末をお過ごしですか⁉️

 

 f:id:RAINBOW_Johnny:20171230171221j:image

 

いよいよ、この日がやって来ましたね…。

 

 

うおおおおおおおーーー😭凄く楽しみにしています‼️エレファントカシマシ、紅白初出場‼️

 

 

ですが…個人的な話を少し…大晦日に…(笑)

ジョニ垢でやってた、エレカシ紅白初出場企画…【#AllTimeBest30曲カウントダウン】に12月1日から30日間。RT、ファボ、ご協力頂いた、皆々エビバデ様🙏本当に、本当に、有難うございました‼️🙇‍♂️(個人的に"歴史前夜"の歌詞バトンリレー最高に嬉しかったw)

 

 

 

 

もうね…もうね…

 

 

 

 

 

辛かった…(笑)

 

 

 

 

 

 

何で、こんな企画始めてしまったのだろうと、(頼まれてもないのに、毎回勝手に始めて勝手に後悔) 毎朝、毎朝、後悔しながら…12月、一年で一番忙しいこの時期に、一日一曲、曲紹介、ANDそれだけじゃねぇ、英語の翻訳も…何をやってても頭の中で企画の"それ"が頭をよぎり、うなされ…

 

 

 

 

辛かった…本当に😭

(ゴメンナサイ)

 

 

楽曲紹介というのは、素人がやるには骨の折れる仕事で御座いまして…エレファントカシマシの曲に関しましては、本当もう…

 

 

 

…良い曲です!以上!

 

 

 

とかしか、言うことないんですよ(泣)本当はね…。名曲過ぎて、語るに語れないよ本当に。あとは、こんな事言ってました的なエピソードで纏めるしかないのですがね。それも、自宅保管の雑誌見直して、ソース探したりね…wiki見たり…あの短い文章でも楽曲紹介…本当に大変(泣)嫌味を言われながら続けた【全曲楽曲解説】も7thアルバムの途中で終わってるのさー…アハハハハハー自分で納得した。無理だわ ー大変。(いつかやるけど)

 

 

 

英語の文章は少しだけ、ほんの少しだけ上達して来たと言われましたが、まだまだです。英語って簡単なようで難しい。(Johnnyはお勉強の出来る子ではないので…)また、E垢のチーム編成も変わったり…絵文字ひとつにしても、AndroidiPhoneでの表記の違いがあるから、両方で表示されるテンプレ作るまでに、もうかなり論議……GAYO!にしたら、海外からだと、リンク飛べるのか調べたり、iTunesの英語表記を使うか、Spotifyを活用するか、うーん。決定までも難航したし、文字数制約もあるから、特に英語は省かなきゃいけなくて、もう…😓

 

 

 

 

これは……何の修行だ‼️(笑)

 

 

 

 

【もう二度とやりたくない、やらない】って想うくらい、今詰めて納得いくまでやらないと、自分は諦められないし、人には届かないと想ったし、それが解った。

 

 

そして、辛い時こそ明るい方へ😁 時折、ユーモアを交えながら、続けてきました。

 

 

 

エビバデさん方、文句言わずに、ただただ見守ってくださり、引用RTしてくださったりね…本当に有難う‼️

 

改めて楽曲聴き直して、英語版の方は見栄えのため、iTunesのシングルのリンクを貼ったので、やはりリマスタリングされたベスト盤とは音質が違ってて、新しい発見もあったり…やはり、楽しかったです。本当に‼️

 

 

 

愚痴っても、自分が好きで自分が納得したくて、始めたことだからね(笑)仕方ないのですが…

ただ、胃に穴が開くくらい(ガチで)頑張りました。それだけは、褒めてもらいたいJohnnyでした(笑)

 

 

 

 

 

さぁ、今日の紅白歌合戦、本番。宮本さん…いつものとおり歌って下さればと想います‼️(よっっ世界一、唄の上手いロック屋)

 

 

30年で一番素晴らしい日に。30年で一番素晴らしい年越しを‼️

 

 

 

エレファントカシマシが紅白に出る‼️

 

 

 

それだけで、エビバデは幸せです😁

そして、一緒に夢が叶う瞬間を見届けます‼️

 

 

 

 

頑張れ‼️

俺たちのエレファントカシマシ🐘

 

 

 

 

 

 

そして…

勝ちに行こうぜ‼️

オーイエー‼️

 

 

 

 

 

 

 

(今年4月から、Johnnyと一緒にエレファントカシマシ30thを応援してくださったフォロワーのエビバデ各位、本当に有難うございました。リプ、DM、ファボ、RT、全部嬉しかったです!感謝🙇‍♂️)

 

 


 

 

 (同企画では、文字数の関係上、敬称略させて頂いてます。ご了承下さい。)

 

 

 

エレファントカシマシ紅白初出場で良い年になるに決まってるが…

エビバデ、良いお年を‼️

 

 

 

Johnny😁

 

 

 

P.S.

■ファボ最多曲(83)→「涙」
■RT最多曲(21)→「RAINBOW」

■インプレッション最多曲(8827)→「大地のシンフォニー」

f:id:RAINBOW_Johnny:20171230171241j:image 

でした😁 

 

ご協力有難う御座いました🙇‍♂️

 

"THE FIGHTING MAN" All Time Best album introduction in English

 

 

ReTweet & Favorite,

TNK SOOOOOO MUCH‼️

EVERYBODY😁😁😁😁😁🐘🐘🐘🐘🐘

オレと虹男(虹男篇)

まずはこちらからお読みください↓↓↓

 

 f:id:RAINBOW_Johnny:20171126144948j:image

島原公演後、オレは虹男のもとに向かった。輸血にて状態は安定。あとは精密検査の結果次第でまた今後の治療方針を決めるらしい。談話室まで歩くのも「キツイ」と弱音を吐いていた。強めの薬が相当効いているようだ。

 

心配してないと言えば嘘になるが、不思議とオレは虹男が治る事とか、退院することしか考えてなかったので病気の話は一切聞かなかった(スーパープラス思考) いつものとおり、エレファントカシマシの話ばっかりしていたオレ(笑)

「お前、声でかい、うるさい」

と怒られながらも、「ミヤジ先生髪の毛切ってたぞ!」と興奮しながらコンサートの様子を語って、見たいと言ってた島原城の写真も見せた。なんだかんだ言って嬉しそうだった。

 

「入院中は暇だから、お前が来ると気晴らしになる」という。ひとりになると眠れなくなると言うから、ミヤジ先生の「東京の空」の本を貸した。(その後読んで、何にでも突っ走るところとか、ひとつのものしか見えなくなる感じがお前と似てると言っていた。嬉しいような、嬉しくないような…複雑)

 

ある日、オレは仕事を休んで、虹男に会いに行った。駐車場から病院まで歩く道は結構長い。(いつもエレファントカシマシとLedZeppelinを交互に聴きながら、テンション上げて会いに行ってたなぁ) 徐々に寒くなりだした頃、奴の病室にいくとオーバーテーブルの上に【お誕生日おめでとう】のカードが置いてあった。病院の昼食について来たらしい。奴は誕生日を病室で迎えた。だいたい、誕生日のプレゼントなんて、今まで考えたことも無かったし…まぁ気づいたら連絡する程だったんだけど。

 

「はい、これ。誕生日プレゼント」

 

プレゼントしたのは、11月23日のエレファントカシマシの山口公演のチケットだった。(奇跡的に山口だけ最後までSOLDOUTになってなかった)

 

「これに行けるように退院しろ」

 

半ば無理やり、いや引き摺り回してでも連れていくつもりだった(笑)虹男は、副作用でむくれた顔で笑い嬉しそうに受け取った。「間に合うかな?」と言うので、「それはお前の気持ち次第だよ」と言った。行けねぇとおもったら行けねぇし、出来ると思ったら出来る。信じるしかないんだよと。そうやってオレも、何かを、自分自身を信じて生きることにした。

 

 

自分信じる…。TwitterというSNSの世界は自分が想っている以上に、深い闇だったけど素晴らしい出逢いもあった。オレはSNSとの関わり方についてずっと考えていたことを纏めた。(前半はしょうもない事書いてる)

 

 

虹男は、極端に自信のないやつで、「どうせオレなんか」が口癖の奴だった。マイナス思考っていうか、暗いっていうか…。優しいけどね(笑)そんな、虹男はいつもオレを見て「お前はいいよなぁ」とか言ってたな。オレが"自由に見える"という。オレは自分に嘘つくのが大っ嫌いだから、やりたい事とか我慢できないだけ。だから行きたい時に行きたい所に、やりたい時にやりたい事をやるし、出来ないことはしない。"そうやって生きるのは結構苦しいぞ"って言うんだけど、楽しそうにしか見えないんだとか。じゃあやってみろって(笑)

 

コイツが変わることは無いだろうと想っていた。

 

オレは結構頑張って?虹男が元気な時は、いろんな所に連れ出したり、それこそ、お勧めの音楽とか教えたりしてたけど、なかなか反応が悪く(笑)もっと楽しんだら人生!?って感じで話すけど、「でも、だって、オレなんか…」の連続で、「めんどくせぇコイツ」ってなる事ばっかりだった。でも、今回は何かが違った。

 

「お前が言ってた、自分を大事にするってことの意味、何かわかった気がする」

 

とある日、ラインが来た。何かを悟ったらしい(笑)結局、人間ってのは、何か自分の身に起こらないと分からないもんなんだなと、オレ想った。後日、聞いた話だけど、エレファントカシマシのベスト盤に入ってる「新しい季節へキミと」を聴いて大号泣したらしい。(さすがエレカシ先生)

 

 

 

しばらくして、骨髄穿刺の検査結果が出た。急激に悪くなったのは一過性のものでガンじゃなかったらしい。薬の量を減らして、経過見て良ければ退院出来ると…。退院予定日は11月上旬。

 

間に合うかもしれない。

 

退院予定日。虹男は退院した。

2日後くらいに電話があったので出たら、なんかもう人が違う。なんだコイツ。誰だ?(笑)ってくらいにテンション高い。イキナリ

 

「うわぁぁぁ、見てみろ!空が青いぞ!」

 

とか、

 

「今日は満月だぞ!見たか!?世界が綺麗に見える。色が変わって見える。オレはサイボーグになったんだ!」

 

とか言いだしたので黙って電話を切った(笑)

 

 

虹男は、オレ以上にスーパープラス思考になっていた。(ちょっと薬が強すぎたみたいです) 。この時、想い出した。たしか、ミヤジ先生も復帰インタビューで"ピザ屋がタクシーの間ぬってんのがかっこよく見えたと"か、"電車でパン食べてる人がかっこよく見えた"って世界が輝いて見えたような事、インタビューで言ってたなぁって、想い出して少し笑った(笑)

 

 

冬。

11月16日、エレファントカシマシが紅白出場を決めた。信じる気持ちって大事だなって想った。

 

海外垢のチームが、"ジョニーまたイラスト描いてよー"と言うので、紅白決まる前にイラストを描いていた。公表するか迷って虹男に相談した。 

f:id:RAINBOW_Johnny:20171126154544j:image

 

 アイツに背中を押される日が来ようとはね(笑)

 

 

 

 

テレビをつけたら51歳の4人少年たちが、満面の笑みで写っていた。同じように笑ってるオレがいた。エレファントカシマシ界隈が幸せで溢れてた。勿論オレ自身も幸せだった。

 

 

エレファントカシマシ出逢ってから、些細な事が幸せに感じるようになった。幸せってもんは"なる"もんじゃなくて、"感じる"ものなんだなぁって…生かされていて、好きな音楽聴けて、仲間がいて、目指すもがあって。オレ幸せだなぁって毎日感じるようになった。

 

 

 

11月23日、いよいよこの日が来た。

 

 

 

ずっと、虹男に見せたかったエレファントカシマシ

薬の副作用で、夜になると「薬の副作用で世界中の重力がのしかかってくるみたい」と言っていたので立ってられるか気にしていたが、比較的立てるところは立って、拳を上げていたらしい。ミヤジ先生から、エレカシからパワー沢山貰ったんだろうな。

 

オレは終演後、

 

「ヤバいやろ!?格好良すぎるやろ!?」

 

と、まるで【さすがオレのエレカシ】と言わんばかりの勢いで、自慢げに言った(笑)オレは奴の返答を、期待して待った。

 

 

 

 

 

 

「無事にライブに来られて感謝してる」

と虹男は言った。

 

 

 

 

…感謝の気持ちが先にでる。だからコイツは嫌いじゃない。

 

 

 

 

勿論、その帰り道、壮絶格好いいロックスター達の話で盛り上がったのは言うまでもないのだけれど…

 

 

 

 

(完)

 

 

 

 

P.S.

長文。お付き合い有難うございました‼️海外垢チームから長すぎると言われました(笑)色々、落ち着いたのでご報告とともに、自己満ですがこの大切な2017年の個人的な想い出を、永久保存させていだきました。沢山、心配してくれた方、またDM下さり、本当に、本当に、有難うございました‼️虹男。エレカシのライブ見て、益々元気になりました。拳を振り上げすぎて右半身が筋肉痛と言ってます(笑)途中、フラついた時に、手を貸してくださったエビバデが居たようで、大変感謝しています。(席は別々でしたので) これで、オレと虹男は終わりますが、それぞれの人生は続いていきます。どうか、皆さんの未来にも幸多かれ!!本当に有難う御座いました!

 

そして、エレファントカシマシ、有難う‼️

 

 

 

 Johnny

 

 

 

 

(※事実を元に登場人物は一部、再構築しています)

 

 

 

 

オレと虹男(オレ篇)

 

そう。オレには古くからの友人が居る。

仮にそいつを"虹男"と呼ぼう。

f:id:RAINBOW_Johnny:20171125190318j:image

虹男はどんなやつか?うーん、簡単に言えば、引きこもりで、陰気で、疑り深くて、全然、可愛くない奴。その反対でオレはというと、お節介で、出しゃばりで、陽気で、何でもすぐ信じて、自分で言うのも何だけど、人に好かれる奴だ(笑)。月と太陽くらい違うこの2人が、何故親しい間柄に在るのか…それは未だに解らないが、でもまぁ、嫌いじゃないし、仕方がない。

 

今までの想い出を語ればキリが無いので割愛するが、今から話すのは、とある小さな街の、エレカシファンの"オレ"と、その友達の"虹男"の周辺で起こった珍奇な出来事。ここに永久保存しようと想う。なんだかそうした方が良い気がする。30年後これを読み返したオレは"青春"を想うだろう。自己満の世界だが、興味はあるかい?エブリバディ(笑)

 

 

この話を語るには、オレ自身の事を話さなければならない。2017年、エレカシTwitterというSNSに翻弄され続けたオレの事。長くなるけど覚悟してくれ。

 

 

春。

オレは2017年4月からこのTwitter(Johnny (㊗️エレカシ専用) (@RAINBOW_miyaji) | Twitter)を始めた。振り返れば、エレカシとの出逢いは97年の"今宵の月のように"。Twitterを始めたキッカケは開始当初からのフォロワーさんはご存知の通り、のちに触れるが、エレファントカシマシ宮本浩次 (以下、ミヤジ先生) が4月に福岡のラジオで発した一言。(詳しくはこちら 第2回 聴こえないものが聴こえる声 - エレコラ)オレはTwitterユーザーとして7年。個人的に好きなバンドの情報収集(主に洋・邦ROCK)の為に活用してきた。しかし、特化した"専用のアカウント"なんぞを作る日が来るなんて想いもしなかった。何せ、オレは極度のめんどくさがりだから。

 

間は空いてしまえど、エレファントカシマシを30thで見て、ミヤジ先生の人となりを知れば知るほど面白く、音楽の才能とやらは宇宙規模で、何気なく…保存用にと…いや、何も考えずに…Twitterエレカシ専用アカウントを始めた。…無知とは怖いものである。アカウント名の影響か、早々に何が何だか解らないうちに、フォロワーが増えつづけた。きっと、エレカシの情報を、欲している人が沢山居るのだろうと、オレは"人の良さ"を遺憾なく発揮し(スミマセン) 情報を発信し続けた。

  

そう。自分の発言には責任を持たなければならない。例え悪気がなくとも、Twitterという場所はひとつの社会なんだ。そして使い方次第ではその影響力は偉大で、計り知れない宇宙である。開始当初は本当に何も分かってなくて日々、勉強オレだった。

色々考えすぎた挙句、気づけば体重が6kg減っていた。いまTwitterを振り返っても、そりゃ痩せるわって想う位、見えない何かに対して、頑張りすぎていたように想う。  そして、色んな人からリプライ(返信)が届くようになり、誤レポで炎上したりして、初めて気づいた。"Twitterって世界と繋がってるんだ"と。賛否、色んな反応に驚かされた。

 

発売からの全ての楽曲を解説していくという途方もねぇ企画を実施し始めた頃だった。ご指摘を頂いたのをキッカケに、オレのアカウント名をフォロワー皆でアンケートで決める事になった。その時、投票してくれたフォロワーの皆さん、有難う。アカウント名の候補も意見を募った。意見くれた皆さん、有難う。

これをキッカケに当アカウント名は【総合司会(代理)】に決まってしまったのだけど、光の速さで【フザケンナ】とFF外からの指摘が入り…ううっ、また炎上してしまった(汗)一体どうすりゃあいいんだ…と途方に暮れていた。

 

そんな時、フォロワーのエビバデさん達が、沢山沢山、知恵や勇気をくれた。

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20171125000642j:imagef:id:RAINBOW_Johnny:20171125000711j:image

f:id:RAINBOW_Johnny:20171125000741j:imagef:id:RAINBOW_Johnny:20171125000822j:imagef:id:RAINBOW_Johnny:20171125000845j:imagef:id:RAINBOW_Johnny:20171125001047j:image 

オレはその時、胸がいっぱいになった。嬉しいのと、感動とやらで…。そして、それまで話していなかったTwitterを始めたキッカケと、オレ自身のことを少しだけ話す事にした。(個人を特定できないように固有名詞や期間は伏せさせて頂きました。)

 

 f:id:RAINBOW_Johnny:20171125071716j:image

f:id:RAINBOW_Johnny:20171125090653j:image

 

倍音を知らない人から、自分の耳に届くくらいあんなに綺麗な倍音の歌声が出るなんてっ!と驚愕した。気まぐれでTwitterを始めたとはいえど、エレファントカシマシの音楽に救われたオレは、これからもエビバデと一緒にエレファントカシマシを応援しようと心に誓い、アカウント名を変更した。


 アンケートする前から、ジョニーが良いと想ってたけど、アンケート結果では一番不人気だった。でもまぁ、気に入ったからいいやっと、いつもの独断で、"ジョニー"という名前でエレカシ専用アカウントをRESTARTした。

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20171125070944j:imagef:id:RAINBOW_Johnny:20171125070951j:imagef:id:RAINBOW_Johnny:20171125070958j:imagef:id:RAINBOW_Johnny:20171125071005j:imagef:id:RAINBOW_Johnny:20171125071012j:imagef:id:RAINBOW_Johnny:20171125071027j:imagef:id:RAINBOW_Johnny:20171125071043j:image

 f:id:RAINBOW_Johnny:20171125071744j:image

f:id:RAINBOW_Johnny:20171125071750j:image

その時貰った沢山のリプライちゃんと保存してます。嬉しかった。本当に有難う。 (昨日読み返しって泣いたわw)

 ———————————————————————

 

 

 

さて、虹男はというと…たまに会う程度で、もちろんオレがTwitterで上り下りのエブリデイを送ってるなんて露知らず…と想っていた。ここからは当時の呟きを見てくれ。

 

 

 

 

このTwitterをしてることを知っているのは、身近かな人では"虹男"だけだったし、一緒にライヴに行く人もいなかったので、時々オレは虹男にエレカシの話をしたり、Twitterで嫌なことがあったら相談出来るようになった。おかげで、大分楽になったと想う。

 

 

夏。

オレは懲りずに色々な企画を実施した。もちろんライヴにも参戦して、しまいには "世界にエレカシの音楽を知ってもらいたい" と見切り発車で、海外用のアカウントも始めることにした。

 

相変わらず後先を考えないオレ。やりたい事はスピード勝負。今やりたい。直ぐ始めたい。http://twitter.com/@E lekashifan_JP そんなオレを人は笑った。(虹男は呆れてた)

 

でも、そのくらいから一緒に運営してくれるネット上の仲間が出来た。顔も名前も知らないネット上でのやりとりは困難を極めたが、海外垢を運営するために、お上にお伺いを立て、アドバイスを頂いたり、著作権に権利侵害についてご指摘を頂き、(当時は画像も動画も他の人も皆貼ってんのに、"何でオレだけ"って想ったけど…素直に謝った(笑)やっぱり迷惑はかけたくないから…画像等使用して申し訳なかったです) 以降、ラジオ文字起こしや、画像、動画使用も辞め、ルールの中で最大限にSNSを活用してやろうと、チームの皆と何とか海外版の運営にまで漕ぎ着けた。(最初の批判や陰口は凄かったなぁ…)

 

NYのラジオDJの方や、チーム内でお馴染みのフランス人の叔父さん、海外在住のエレカシファン、日本国内で活動しているアメリカ人のJ-POPシンガーなど、沢山の人がエレカシの動画やSpotifyにファボ(フェイバリットの略で日本語でいいね!)してくれた。嬉しかった。それが出来たのは、今日まで一緒に乗り越えてくれたチームのおかげだし、オレは支えられてばっかりで何もしてないなぁ……有難う。貴方たちが居たから、SNSに翻弄される人から卒業出来たよ。お前らマジ格好良いぜ! #Elekashi fan TEAM UNIVERSE こちらは、まだまだこれからだね。これからも宜しく。そしてエビバデ。もし、海外のお友達がいたらエレファントカシマシを紹介してほしい。その時、このアカウントが、足掛かりになれれば嬉しいなぁ。

 

 

秋。

野音前。事件が起こる。ネット上でオレ自身の誹謗中傷は勿論、オレのフォロワーさんが写真晒されたり、あることないこと書かれて、フォロワーさんが深く傷付くことになってしまった。今でもこのフォロワーさん達の中にはTwitterに戻ってこれてない人も居る。本当にゴメン。【言葉は人を傷つける兵器になり得る】どうか、使い方を間違えないで欲しい。

 

オレは、オレ自身は何言われても平気だったけど、同じ人間にこんな深い闇を抱えた奴らがいるのかと想うとショックだったし、まだそんなダサいことやってる奴がいるんだっていう驚き?

そういう場所にエネルギーを注ぐことが皆無のオレには理解出来ないし、オレは彼らに何もしてやれねー。注意勧告をし、メンタル弱い人は見ないでと書いたけど、"もう少しうまくやってほしかった"とフォロワーさんにも言われ、自分自身の在り方について色々考えた。オレが誰かを傷つけるつもりがなくても、存在するだけで目に触る様だった。

 

結局、自分の中で出た答えは

とつぶやくこと。自分には何も出来ないが、エレカシを聴けば、闇の住人も何かが変わるかもしれないと期待して…。しかし、オレはその日以降、闇の住人の心配をすることを辞めた。オレのココロの中に其奴らの居場所を作るのが嫌になったからだ。(こうゆーケースはもう専門家に任せるのが一番だ)

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20171125101118j:image 

 

9.18 野音。オレはとんでもない伝説を見た。オレはどうやって帰路に着いたか未だに記憶にない。

野音 2017① - エレコラ

野音 2017② - エレコラ

エレカシ史上最高のLIVE音源、野音2017! - エレコラ

 

 

次の日、虹男に野音の感想を報告しようとした。(虹男はこの時点で既にTwitterを辞めていた。お前が叩かれてるのを見るのは心臓にわりぃと…w) いつもなら「ライヴどうだった?」とラインが来るのに何も無い。電話をすると様子がおかしかった。「何があった?」と問うと、奴は歯茎から出血。全身に紫斑が出ているという。直ぐに病院に行くように勧めた。

 

そのまま緊急入院になった。

 

輸血!?心電図…? 何が起こってる? オレは帰福後、直ぐに病院に駆けつけた。奴は気丈にも「東京から帰ったばっかりで疲れたやろ?ごめんね」と人の心配をした。奴の身体が弱いのは知っていたが、血液のガンだとか何だと聴かされ、訳が分からなくなった。オレは怒って「こうゆう時くらい自分の心配しろ」と言って、帰った。心配だけどそんな素振りは見せられねぇし。

 

 

その、週末オレは後ろ髪を引かれながら名古屋に向かった。そこには野音とは別人の、エンターテイナーのロック屋が居た。

 

オレはそのコンサートを見て、色々感じることがあった。

 

 



 

今を精一杯、生きよう。

 

眼に見えないものじゃなく、眼に見えるものを大事にしようと想ったんだ。身近な人も大事に出来ないで、誰かを応援なんて出来ないと想ったから。いつか助けてくれた虹男は勿論。自分を、自分の時間を大事にして色々整理が出来たら戻ってこようと。だから、Twitterを少しお休みする事にした。

 

f:id:RAINBOW_Johnny:20171125194849j:imagef:id:RAINBOW_Johnny:20171126101040j:imagef:id:RAINBOW_Johnny:20171126101043j:imagef:id:RAINBOW_Johnny:20171126093703j:image

(その時DM返せなくてゴメンなさい。本当に嬉しかった。有難う)

 

 

 

こうしてオレは、今を見つめていた。Twitterはライブ参戦後のみ、鍵をつけてフォロワーさんにだけにライブレポを呟く事にした。

 

 

 

翌週、虹男と一緒に行くはずだった島原のエレカシコンサートに参戦した時、ビックリする事が起こった。

ロックといえば長髪だといって髪を伸ばしていたロックスターが、短髪になっていた。オレ…泣いてしまった。4月からエレカシに翻弄され泣いてばかりだ(もう今年エレカシで何回泣いたかわからねぇ…)

 

髪を切ったロックスターは覚悟を決めていた。

 

彼の覚悟を勝手に感じて、ロックスターもオレも同じ人間。オレも覚悟を決めることにした。

 

絶対治るって信じる。そう感じてるオレ自身の感覚を信じる。全てが良い方向に行くと信じる。オレの信じる力は半端ねーから!くそぅ、見とけよ神様!!

 

野音の前後、色々あり過ぎて自信を失っていたけど、もう迷わない。オレはもう何があってもブレない。エレカシのおかげで、オレは相当、魂が成長していた。強くなった。そんな気がしているんだ。こんなに短い時間の中で、沢山の経験と、色んな人からの言葉と、音楽に抱かれて、なんだか、かけがえないんだ。上り下りの日々、今を生きてる実感がすごく強い。大切なトキを有難う、エレファントカシマシ。そしてフォロワーのエビバデさん。

 

絶対、絶対、絶対、絶対、絶対、絶対、絶対、虹男にもエレファントカシマシのコンサートを見せたい!!

その想いは強かった。

 

 

 

それから、オレは島原の話をしに虹男の元へ向かった。

 

 

 

 

オレと虹男(虹男篇) に続く。

 

 

 

 

 

(※事実を元に登場人物は一部、再構築しています)

愛と夢、エレカシ山口。

今日わ。エレファントカシマシファンのJohnnyです。すっかり冬になってしまいましたね。冷たい風が全身に刺さり、布団持って歩きたくなる。そんな季節。ココロはいつものとおり、ワクワクしていました。

先日、山口公演に参戦させて頂きました。この日をずっと待っていました。ずっと、ずっと…昔から待っていた様な。本当は昨日更新したかったのですが、別の文章も考えたり、仕事したり、やっぱり年末となると忙しないですね。いや、この年末ソワソワも大好きですけどっ。

 f:id:RAINBOW_Johnny:20171125121328j:image

銀杏並木彩る山口に、エレファントカシマシ御一行がやって参りました。さぁさぁ始まりますよ。ロックスターの登場です!!登場するなり、物凄い歓声。うわぁぁぁぁ大歓迎されてる。う、う、嬉しすぎる。(何故、Johnnyか嬉しくなるのか)

単独で山口はじめてのコンサートです!!有難うエブリバディ!ドーーーーーンと行くぜ!!

1曲目始まりました!成ちゃんのベース。エフェクトが掛かってたかなぁ? 初めて気づいたのですが、フランジャーっぽい音聴こえたのです。どうなの?成治さん(笑)ちなみに自分の席からは成治さんはこんな感じに見えてました。

f:id:RAINBOW_Johnny:20171125120807j:image(強めのバックライトで顔が見えねぇw)

足元も見えなかったから、エファクタあるかよく分からなかった。だけど、やはり曲は確実に進化してる。SUNNYサンのピアノの音色がエモくてカッコイイとです!!ツアー前半戦は、もっともっとピリピリしたムードで始まってたけど、やはり後半戦、空気が全然違う。ミヤジ先生の真っ直ぐ見据える顔が違うし、拳を上げるエビバデに手を挙げて反応したり、落ち着いている。

今は山口市民会館が真ん中だ!!エブリバディーーー!!

うん。いつも三曲目で涙腺崩壊するのに、なぜかもう二曲名で号泣してしまった。タンバリンシャカシャカミヤジ。…テンション高いって(笑)てか、声めちゃくちゃ出てるよー(涙)絶好調のようです!

 

ミヤジ先生のBPM指示から、ドラムのリードで始まった3曲目。このドラムのビート始まりで凄く盛り上がる会場!!この始まり、好きっすミヤジ先生、トミさん。ひらまさんのアコギが鳴り、バンドの音がドーーーーーーーーーン!!幸福感を全身に浴びて唄うミヤジ先生も、メンバーも、キラキラ、キラキラ、キラキラしてる!音がキラキラしてる!!あああああああとにかくキラキラしている!!(笑)

 

初めて、ハローじんせっ!!の紹介MC聴いた気がする。急に想い出した様で話して下さいました。

ニューヨークでレコーディングして…当時、当時ですよ?30代の時で、9.11のテロの1週間後くらいに現地に行って、まだ煙が上がってたような時で…久しぶりに4人で音を鳴らして、“よしっもう一回バンドでやるんだ”ってレコーディングして、“俺の道”っていうアルバムに入ってる曲で…

イントロでドンドン上げてくテンポ。バンドも指揮する総合司会者(笑)大宮の“石くん、先生の耳元でハローじんせっ大声事件”をTwitterで見かけていたので、今日はどうなるかと想っていたんですが(笑) ミヤジ先生の方から“こっち来い”って感じで指示があり、石くん近寄ると即、髪の毛鷲掴み、石くん拉致られるお馴染みのパフォーマンスで、同じマイクでミヤジ先生が石くんの肩組んで”ハローじんせっ”と一緒に歌いました!!そう来なくっちゃ!!2人の絡みがJohnnyは大好き!! きっと、“オレが指示出したら来い”とミヤジ先生から言われてたんでしょう。(つまりオレが指示するまで来るなwww)  

凄い形相でこっちに来るね。

って石くん褒められてました(笑)笑いに包まれた会場。 (確かに凄い形相だった)

 

永遠に色褪せない俺たちのデビューソング。デーデ聴いてください!!

 個人的に凄く嬉しかったなぁ、この曲紹介。だって本当にそうだから。いっつも、“エレカシ史上最高のバラード”とか言って紹介するのに、今日は的を射たことを仰られておりました(笑)30年経っても全く色褪せないデビュー曲。やっぱり1stの曲は'88渋公の映像がフラッシュバックします。短髪ミヤジだし。30年経っても、あの映像ままだもんなぁ。

 

紅白歌合戦に…

とミヤジ先生が仰った瞬間に会場内から"地の底から湧き上がる"…

おめでとおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!\(^o^)/

って凄い歓声!!曲終わりより、大きな歓声で(笑)なんだかもう、ジーンとしちゃった。ミヤジ先生がインタビューで言ってた

俺たちが祝福されてるんじゃなくで、お客さんが自分自身を祝福してるんだって

って意味。何だか、少しだけ解ったような気がした。多分もう、自分の事の様に嬉しいんだよ。っていうか、"エレファントカシマシが紅白出る"っていうのは、エビバデにとって"私(わたくし)事"なんですよね。自分の事なの。きっと、きっと、ずっと、エレファントカシマシと30年離れず生きてきた人っていうのは、本当にごく僅かで(もしかしたら本人達だけなんじゃないかって)、子供の頃から、もしくは学生の頃から、もしくは社会人になった頃から、もしくは結婚した頃から、もしくは子供が生まれた頃から、もしくは病気になってから、もしくは………エレファントカシマシとの出逢いは、誰にとっても人生の分岐点になり得るから…そんな素晴らしいバンドを見つけて応援してる自分と、こうやってコンサートに参戦してる"俺たち"に、本当の"明日"を見せてくれたヒーローが誇らしくて仕方がないんだと想う。だから、紅白出場っていうのは、自分たちが認めてもらえた様な感覚に近いんだと想う。自分もそうだしね(笑)

こんなに真っ直ぐお祝いされたら、素直に喜べます!有難う、エブリバディ!白組の勝ちに貢献できる様に精一杯、一生懸命歌ってきます!!

 はい、超楽しみにしています!紅白といえど、いつものとおり、歌ってくださればと想います(笑)

 

おふくろが、占いが大好きでねぇ、"あなたはふたご座だから、なになに座が合うのよ"って良く聴かせれてました。

もう、会場がホンワカムードで、誕生日月でもないのに何故かその話に…(笑)なんか、前もそんな話していた様な…。占いの話っ椎名林檎さんと対バンした時のインタビュー映像かな?戦う男、最後ビシっと決まりました!!最高っっ!!

人間ってのは本当に………………(遠くを見つめ長い沈黙)  …複雑ですねぇ…出逢う人によって考えが変わる。

どうした?突然のシミジミヤジ(笑)変わったんですね…良いと想います!!いい方向に変わってるんでしょ? 今のエレファントカシマシ、最高じゃないですか!?(笑)

ああ、MCポイントが多くて書くことが多いぞオイ。

翳りゆく部屋、当時のディレクターに"カバー曲を入れてみないか?"と言われて入れることになって、そういうばこれ初めて話すんですけど、ユーミン…本人の前で、ユーミンて言ったかな…松任谷由実が、当時、渋公見にきてくれて、"貴方達グラスゴーのバンドみたいねって"って言われて、"グラスゴーって何処だろぉ?"(首をかしげる)って想った。

これは本当に初めて聴いた。ミヤジ先生。そろそろ、ユーミンと呼ぶか、松任谷由実と呼ぶか、松任谷由実さんと呼ぶか、荒井由実と呼ぶか決めましょう…(笑)いつもここでMCか突っかかります(笑)

 翳りゆく部屋良かったぁぁぁ。

 

🎶やまぐちーーワイルドバンチ以来だぜえええーーー長州ーー3210おおおおーー江戸時代終わらせたのは長州ーー少し複雑だけどおおおーーー(江戸時代が好きだから) 好きだぜぇぇぇぇえ長州ーーーーー3210🎶

 

からの静寂…ゆっくりとジャケットを脱ぐミヤジ先生。シルエットがバックライトに照らされた。

 

カッコイイって言われたら、人の3倍喜んじゃうから………(会場からカッコイイーーーーー!!と声援) イヤイヤ、そうゆうことじゃ無いんです!!(必死) 

…テレるの解りますけど(笑)しょうがないでしょう。格好良いんだから。"RAINBOW" 終わりに近くにいた男性が、振り絞る様に囁いた「エ、エレカシ…カッコイイ……」って言葉。ミヤジ先生に聴かせたい(笑)

 

ガストロンジャー。ハイ、凄み。凄み。テンポとかなんかもう関係なく、絶対遅れてもちゃんと歌詞を早口で枠内に収めようとするミヤジ先生(笑)歌唱後、"紅白でガストロンジャーを!"という歓声に

私たちが曲決めるわけじゃ無いんで。NHKの人が決めるので。

と。 いやぁ…めちゃくちゃミヤジ先生の反応速くて。うわああああああああああああ研ぎ澄まされてる…感覚、直感的だ。魂直結、キテると。今思い出してもあの反応の速さには驚愕した。

 

一番新しい曲です。"今を歌え"。

 

この曲をJohnnyは少しギターで弾いてみたのだけれど、難しいのです。何が難しいかというと、テンポが遅いのでバンドサウンドの表現や、歌唱も勿論難しい。そして、グルーブが出しにくい筈なのに。流石トミさん。安定してた。あと、SUNNYサンコーラスで立体的に。石くん、成ちゃん、ひらまさんで包み込み、軽く囁くミヤジ先生の歌声が乗っかり、あったかいアコースティックギター。大好きな曲。

 

四月の風。〈愛する人に捧げよう〉ちゃんと伝わりました。

 

俺明日から、風と共に。歌唱後、

上手に歌えました(笑顔)。

と、ミヤジ先生。良かったです!一部終了!

 

 

二部、黒シャツで出てきたミヤジ先生は、清志郎さんを彷彿とさせる、頭ツンツン気合い半端ないっっ!髪の毛のツンツン具合で、気合いの入りようが図れる気がするので、恐らく紅白では気合い凄すぎて、スーパーサイヤ人みたいになってることでしょう。カッコイイけどっ(笑)

 

ズレてるで、最後マイクに向かってチュッチュチュッチュのご機嫌ミヤジ(笑)イントロ相変わらず格好良いしなぁ。二部になると、Johnnyは興奮で記憶が毎回飛ぶのですが、奴隷天国の盛り上がりとエンディング…キマッたぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!痺れたぁぁぁぁぁぁぁ!!福岡でのフラストレーション解消されました(笑)死刑宣告終了と同時に、

アラヤダ、アラヤダッ!!(まだ音鳴ってない段階で) いらっしゃいませっーー!!いらっしゃいませーーーーーーブウーーーーーー!!!

おおお、今日はスイッチON早い!!(笑)喜劇ver.生命賛歌さいこおおおおおだった!!エビバデ昇天昇天!!もう喜劇ver.完成形に近いんじゃなかろうか。RESTART。デヴュー当時にように唄を遅らせて、しっかり地声で唄う“あの歌い方”で唄われたのですが、ひじょおおおおおおおおおおおおに良かったです。好きでした。あとBメロの部分で、口の前で両手の人差し指を交互に掛け合わせるあのジェスチャー(上手く表現出来なくてゴメン) 堪らん面白かったwwwwワロタwwwww。

ああ、この曲なんて素敵な曲に成長したんだろう!!

シミジミヤジ。嬉しそうに、“夢を追う旅人”の成長ぶりを吐露してくだいました!“夢を追う”だけじゃなく、全ての曲が成長してることは間違いない。

 

ファイティングマン。石くんを真ん中に誘導。ガニ股奏法強要。石くん気合いのイントロから大盛況の中のエンディングです!!もっと股開け!の鬼畜指示からの足蹴りwwwwミヤジ先生お手柔らかにお願いします(笑)大団円に相応しくこの日1番の盛り上がり!最後のキメもバッチリでした!少年の笑顔でメンバー紹介!成治さんの時、「この人しか居ない」って言ってた(笑)センターで肩組み挨拶して、そぞろ歩きで頭下げたまま肩組んで6人で前へ。顔を上げた平均51歳の少年達の瞳は輝いていました。ずっと、きっと、こんな風になるべきバンドだったんだ。ミヤジ先生重めの投げキッス数回っw トミさんの手を挙げ爽やかに去っていく姿を見届けて二部終了。

 

アンコール、早々に出てきました!

美少年コンテストで入賞した6人です!……また余計な事を言ってしまった…ちゃんと聞こえて無い人がいっぱい居るみたいで良かった(笑)有難う、エブリバディ!!

きっとミヤジ先生から見て、裏にハケた時の5人の顔がキラキラしてたんでしょうね(笑)からのアンコール、ソーメニで幕を閉じました。

 

自由度が増した気がする。

 

と、話してくれたミヤジ先生。それは、今鳴らしたい音を鳴らして、作ってそれが受け入れられている事。色々なものに縛られず、今のエレファントカシマシを認めてもらえたことで、ミヤジ先生自身が解放され、そして、エビバデを信じるている気持ちが垣間見えた言葉だった様に想います。

 

 エビバデから沢山の"愛"と、エレファントカシマシから沢山の"夢"が溢れた空間でした。"愛と夢"。今まで共存出来ると想ってなかったけど、見事に昨日の山口市民会館には其れが在りました。Johnnyはその空間を感じれたことを、また宝箱に大切にしまって出掛けます。宝箱がエレファントカシマシの想い出でそろそろ溢れ出しそうです。Johnnyの中での30thツアー。2017年参戦は終演です。フォロワーさんも、ライブレポお付き合い、本当に有難うございました。

 

昨日実は、初めてエレファントカシマシのコンサートに"2人"で参戦しました。介護添え大変。そんなこんなで、参戦後ほとんど呟けませんでしたが、一緒に参戦した人(通称:虹男)の話は別にまた、話そうと想います。記憶が鮮明なうちにと想い、レポートが駆け足になってしまい申し訳ありません。

 

 

残り4本。体調に気をつけて、駆け抜けてください!きっと最後まで、最高のツアーが迎えられると信じています。43公演、本当にお疲れ様でした!!!"愛と夢"を有難う!!

 

 

山口終演後、外に出たら「あっ月が笑ってる!」と虹男。いい歳した大人が何言ってんだって夜空を見上げたら。細い三日月が笑っていました。

 f:id:RAINBOW_Johnny:20171125165304j:image

Johnny

 

 

 

 

祝・エレファントカシマシ紅白初出場!

エレファントカシマシファンのまぬけなJohnnyです。ついにこの日が来ました。

信じてたよ!!エレファントカシマシ

おめでとう!

(歴史絵巻バージョン↓)

f:id:RAINBOW_Johnny:20171116072423j:image

 

あなた達にこの一年付いて来た、自分にも拍手っ

そして、エレファントカシマシ

有難う!本番頑張れよ!!(笑)

 

Johnny